日本三大渓「嵯峨渓」

宮城県東松島市「嵯峨渓」

岩手県の猊鼻渓、大分県の耶馬渓と並ぶ日本三大渓の一つ。奥松島宮戸島の東南端に突き出た半島で、室浜から萱野崎までの約2㎞のエリアです。松島湾の女性的な景観とは対象的に男性的なパノラマは、驚きと感動の連続です。   

大分県「耶馬渓」

大分県中津市にあります耶馬溪地域は 中津市の西部、周防灘に注ぐ山国川流域に位置します。全国的に有名な一度に8つの景色が見られる「一目八景(ひとめはっけい)」をはじめ、麗谷(うつくしだに)、もみじ谷、錦雲峡(きんうんきょう)、折戸の景など様々なスポットで素晴らしい景観が味わえます。

 詳細はこちら

岩手県「猊鼻渓」

砂鉄川が石炭岩を浸食してできた約2㎞の渓谷で、岩手県初の国の名勝です。そそり立つ岩の間をいく流れはゆるやかで、1年を通して舟下りを楽しめます。春は藤、夏は新緑、秋は紅葉、冬は水墨画のような風景がひろがります。  

 詳細はこちら

その他の日本三大渓

岩手県 猊鼻渓

大分県 耶馬溪

松島四大観「壮観」 

その他の四大観

四大観・扇谷

四大観・富山

四大観・多聞山

古くから松島に浮かぶ260余りの島々を望める名所が松島四大観。東西南北から島々を望むそれぞれの印象により、壮観、麗観、幽観、偉観と呼ばれています。

東松島市 大高森(105.8m)「壮観」

山頂から松島の島々を箱庭のように見られることから「壮観」と称される。

松島町 富山(116.8m)「麗観」

杉、松、樅の大木に覆われた静寂の中、島々を望むことが出来る。島々が整然と並んで見えることから「麗観」と称される。  

松島町 扇谷(56m)「幽観」

松島湾の入り江が扇を広げたように浮かんで見えることから「幽観」と称される。 

七ヶ浜町 多聞山(55.6m)「偉観」

七ヶ浜の崖頭。打ち寄せては砕け散る波が眺められ、その雄大さから「偉観」と称される。  

宮戸八景

大高森

松島湾最大の島、宮戸島の中央にそびえる山。登山口からは15分程登ると山頂に着きます。松島四大観の一つ「壮観」と呼ばれる絶景は、東に金華山、北に栗駒山、西に松島湾が船形の峰に広がり、雄大にして壮観です。   

地図を見る

薬師堂(薬師山)

大高森の北西、薬師山(標高68.3m)の中腹に位置する。狩りに訪れた伊達正宗公が信仰を深くし建立した堂宇。ご本尊は慈覚大師作と伝えられる薬師如来と、日光・月光・十二神将・不動明王・毘沙門天王の仏像が奉安されています。

地図を見る

稲ヶ崎公園

月浜海岸の西の丘を150mほど登った小高い峰に位置する。頂上の「あずまや」からは、眼下の透明な海に浮かぶ島々に相対し、蔵王・松島湾・牡鹿半島、東南に波島の灯台、西南遠くに花淵半島、そして晴れた日には福島県の相馬地方まで眺められる。夕暮れ時は黄金色に照らされた松島湾が絶景。春には、山桜が咲き、頂上までの遊歩道は椿の群生地としても知られています。

地図を見る

さとはま縄文の里史跡公園

里浜貝塚内にある縄文時代の景観を再現した公園は、縄文人が見ていた“海”を復元してある。公園内には貝層の断面を剥ぎ取り展示した「貝層観察館」や「勾玉作り」などの体験学習(要予約)が楽しめる縄文工房があります。

地図を見る 詳細はこちら

新浜岬

月浜から大浜まで遊歩道が整備され、歩道を抜けると青々した海が広がり、新浜岬を眺められる地に展望園地があり、馬の背のようにきり立った御崎では足がすくむ。日当たりが良く、のんびり景色を眺めるところとして格好の場所です。

地図を見る

嵯峨見台

宮戸島にある松島四大観の一つ大高森より2km東方、室浜地区 観音山(標高73.3m)の遊歩道を進むと、頂上の「あずまや」から眼下には黒島・花魁島などの奥松島の島々が見え、遠くには田代島・網地島・牡鹿半島も望むことが出来る。

地図を見る

儀兵衛・多十郎の記念碑の丘

室浜地区の東側に位置する漁港を見下ろす高台にある。室浜出身の儀兵衛と多十郎、2人の日本最初の周航者としての名を刻んだ記念碑が建立されている。

地図を見る

唐船番所跡

仙台藩が外国船見張の番所としてもうけた跡。 嵯峨渓の絶壁上にあって牡鹿半島や金華山、網地、田代の島々を一望に眺めることができる。

地図を見る

HOMEイベントカレンダー泊まるうまいもの・特産物観る・遊ぶ・学ぶ景勝地観光マップ
アクセス動画ライブラリー会員名簿関連リンクお問い合わせサイトマップEnglish

東松島市観光物産協会
〒981-0303
宮城県東松島市小野字新宮前5番地 TEL 0225-87-2322 FAX 0225-87-3804